beauty

【ビューラーの種類と使い方】一重や奥二重でもぱっちり目元に変身!

あなたのビューラーの使い方、本当に合っていますか?まつ毛を引っ張りすぎて抜けてしまったり、直角に曲がってしまったり、時にはまぶたを挟んでしまうなんてことも…。
「ビューラーってそういうものでしょ?」って諦めないでください!正しい使い方を徹底解説します。
自分のまぶたに合ったビューラーで目元をぱっちりさせちゃいましょう♪

もくじ

あなたの目に合ったビューラー使ってる?

一口にビューラーといっても様々なものがあります。カーブの深さや持ち手の形、コームタイプやホットビューラーまで多種多様です。
私たちはみんなそれぞれ違う顔の形をしていますよね。もちろん、目の形も違います。自分に合ったビューラーでくるんと可愛いまつ毛を手に入れましょう!

 

意外と知らないビューラーの5つの種類

①典型的なビューラー

誰もが一度は見たことがある典型的なビューラーです。金属やプラスチックでできていて指を入れるハンドルがついています。挟む部分にはゴムがついていて目頭から目尻まで一気にカールさせることができます。
カーブの深さは商品によって違うので自分の目の形に合ったものを選びましょう。

②スプリング付きのビューラー

一見普通のビューラーと変わりませんが、より弱い力でも簡単にカールできるように工夫されているのがこのスプリング付きビューラーです。
バネが指の力をアシストしてくれることでまつ毛が傷んだり、切れたりすることを防ぎます。

③ホットビューラー

名前の通り熱の力を使ってまつ毛をカールさせることができるビューラーです。まつ毛を温めてカールさせることで長時間キープすることができるだけでなく、カクカクしてしまうという悩みを解決してくれます。
カールを作るのに時間がかかる人や持続しない人におすすめです。

④部分用ビューラー

目頭や目尻など細かい部分ってなかなかカールさせにくいですよね。角度を変えてみたり挟み方を変えてみたりと鏡の前で試行錯誤する人も多いはず。
そんなときは部分用のビューラーを使いましょう!まつ毛を挟む部分が小さいので細かい部分のまつ毛もばっちりカールさせることができます。
また、真ん中にだけ使うことで黒目を強調させ、印象に残る目にするなんて使い方もできちゃいます♪

⑤特殊タイプのビューラー

まぶたに当たるフレームの部分が立体的になっていたり、フレームの両脇に支柱がないといった新しいタイプのビューラーも増えてきています。
目の幅やまつげのラインに沿うように作られていて、従来のものよりもっとフィットするのでよりスムーズにカールさせることができます。

 

自分に合ったビューラーの選び方

自分の目の形に合ったものを選ぶ

自分の目の形ってよく分からないですよね。ビューラーのベストは目頭から目尻まですべてのまつを根元からカールできるサイズのものです。

ちなみに日本人の平均駅な目の幅は30㎜といわれています。一般的なビューラーは33㎜~39㎜くらいで展開されているので自分の目幅に合わせて選んでください。
また、カーブの深さですが、目の丸みにはR(アール)という単位が使われます。日本人は20R前後が平均で、ビューラーは18~20Rくらいのものが売られています。数字が小さいほどカーブがきつくなります。

ホリが深い人や、眼球が丸く出ているタイプの人は比較的カーブのきついものが合い、まぶたが厚い人や、切れ長の目の人は緩やかなカーブのものがおすすめです。

普段使っているビューラーで目頭から目尻まで綺麗にまつ毛を挟めない人はカーブが合っていない可能性が高いです。目尻や目頭が挟めない場合は今よりカーブが深いものを、真ん中が挟めない人は今より浅いものを使用してみてください。
ほんの少しの幅やカーブの違いで変化するので自分にベストフィットするものを見つけ出しましょう!

 

全体的な仕上がりで決める

目安はビューラーを使った後に目頭から目尻まで、全体が綺麗にカールできていることです。正面からだけでなく横からもチェックすると、より分かりやすいですよ♪
まぶたを挟んだり、しっかりカールしていなければ目に合ってないということです。他のものを試してみることをオススメします。

 

【ぱっちりまつげになれる♡】おすすめビューラー10選

ビューラーには様々な種類がありますよね。何を基準に買えばいいのか分からない人も多いと思います。そこで、今回はオススメのビューラーを10選紹介します!自分に合ったビューラーを見つけちゃいましょう♡

人気のおすすめビューラー2選

①資生堂アイラッシュカーラー213

Amazonで詳細を見る

日本人女性に合うように開発されたフレームでまぶたにしっかりとフィットします。適度な弾力のあるシリコーンゴムを使い、形を丸くすることで負担をかけずにまつ毛をカールできます。
ゴムの取り外しが可能で、取り換えることで長く使うこともでき、コスパが良いのもおすすめのポイントです!

参考価格 1,130円(税込)

 

②エクセル スプリング パワーカーラーN

 Amazonで詳細を見る

スプリングパワー構造になっていて少しの力で簡単にカールさせることができます。
39ミリのゆったりとしたワイドサイズでまぶたにしっかりフィットし、短いまつげもしっかりキャッチしてくれます。

特殊成型シリコンゴムをラバー部分に使用しているため、弾力性と耐久性に優れ、まつげを傷めずにしっかりカールできるのも特徴です。
しかし、スプリングのパワーが強く、常時開いたままになるのでコンパクトに持ち運びたい方には注意が必要です。

参考価格 880円(税込)

 

一重や奥二重におすすめのビューラー3選

①SUQQU スック アイラッシュカーラー

Amazonで詳細を見る

SUQQUのアイラッシュカーラーは普通のビューラーとは形が少し変わっていて、まぶたに当たる真ん中の部分が少し出っ張っています。
これにより一重や奥二重など、まぶたの重い方でもまぶたを挟む心配がなく、自然なカールに仕上がります。
少しカーブが深いフレームになっているので「今まで自分に合うビューラーに出会ったことがない」と悩んでいる方はぜひ一度試してみてください!

参考価格 3,079円(税込)

 

②マキアージュ エッジフリー アイラッシュカーラー

 Amazonで詳細を見る

マキアージュのエッジフリーアイラッシュカーラーは他のビューラーと比べてカーブが浅いため、まぶたが重くせっかく上げてもすぐに下がってしまうという方や、根元から上げられないという方におすすめです。

さらに「エッジフリー」といって両サイドの支柱がまぶたに当たるカーブ面より後ろについているので、まぶたにフィットしやすく支柱が目尻や目頭を挟みこむ心配がありません!
カーブが浅めのビューラーを探している方にはおすすめのアイテムです。

参考価格 929円(税込)

 

③アイプチ フィットカーラー

Amazonで詳細を見る

EYE PUTTIのフィットカーラーはアイプチで有名なイミュが開発した一重や奥二重の方に合わせて開発されたビューラーです。
日本人の目の形に合わせた独自の形状で、まぶたにぴったりとフィットします。

また、カーブ面の上部が他のビューラーより高いので黒目の上のまつ毛がしっかりカーブし、ぱっちりした印象に仕上がります。「まぶたが重いから…」と諦める前に一度使ってみてください!

参考価格 1,650円(税込)

 

うれしいプチプラビューラー2選

①DAISO ビューラー

100均だからと侮ってはいけません。実は、DAISOにもビューラーがあるんです!シンプルで使いやすく、替えゴムもついているので長く使うことができます。
まだビューラーに不慣れで練習したいという方にもおすすめです。

参考価格 110円(税込)

 

②shu uemura アイラッシュカーラー

 Amazonで詳細を見る

shu uemuraのアイラッシュカーラーは普通のビューラーより全体的に小さめにデザインされています。
横幅も小さめに設計されているので小粒な目の方には特におすすめのアイテムです。何回も挟まなくてもしっかりとカールするのでまつ毛が傷む心配もありません。

参考価格 1,650円

 

カールを長続きさせるホットビューラー3選

①パナソニック まつげくるん EH‐SE10P

Amazonで詳細を見る

パナソニックのホットビューラーは2つのヒーターでしっかりと温めてくれるので、自然なカールを長時間キープしてくれます。また「適温マーク」といって色の変化によって温度が上がったかどうかが分かるので誰でも簡単に使えるのもポイントです。
1~2分ほどで温まるので朝、時間のないときでもパパッとできちゃいます!

参考価格 1,102円(税込)

 

②ハリウッドアイズ ホットアイラッシュ・カーラー

Amazonで詳細を見る

ハリウッドアイズの ホット・アイラッシュカーラーは、舞台用メイクなみの美しさに仕上げてくれるホットビューラーです。
まるでまつ毛パーマをしているかのようにカールし、長時間キープしてくれます。短いまつ毛まで美しくカールできるコーム型になっていて、マスカラの上からでも使用できるのでちょっとメイクを直したいときにも使えます。

参考価格 2,880円(税込)

 

③KOIZUMI アイラッシュカーラー KLC‐0950/P‣G

Amazonで詳細を見る

KOIZUMIのアイラッシュカーラーはコームが「ボリューム」と「セパレート」に分かれていて2wayタイプのストレートヘッドになっています。

それぞれに違った効果があり、ボリュームはまつ毛をしっかりと束ねてボリューム感をアップさせ、セパレートはまつ毛を広げて横幅を広く見せてくれます。

また、左右20度に曲げられるスイングコームとなっていて目元に合わせやすいのも魅力的です。
つけまつげやマスカラを使用した後にも使えるので、仕上げとして使ったりメイク直しにもぴったりです。

参考価格 1,479円(税込)

 

ビューラーの使い方

①まつ毛のはえ際からあてる

ビューラーの使い方

いくら自分の目の形に合ったビューラーを見つけたからといって使い方が間違っていたら綺麗なカールはできません。
まずは根元にしっかりと当てること!まつ毛のキワからカールさせることでカクッと曲がってしまうことを防ぐだけでなく、全体を綺麗に仕上げることができます。
鏡を目線の下に置くと上手く挟めます。

②上げるときは3段階で

ビューラーの使い方

根元がしっかりカールできたら3段階に分けて上げていきましょう。根元から毛先にかけて力を段々と弱めていってください。ついつい夢中になって力んでしまうと不自然に曲がってしまう上にまつ毛が抜けてしまう原因になってしまいます。
力を抜いて自然なカールにしましょう♡

③上がりにくい部分は念入りに

ビューラーの使い方

目頭や目尻は挟みにくい場所なので念入りに上げましょう!
目頭や目尻は外側に向かって扇状に広がるようにビューラーを動かすと目が大きくぱっちり見えます。普通のビューラーだと上げにくいという方は部分用のものを使うのがおすすめです。

④下まつげも忘れずにカールさせる

ビューラーの使い方

上まつ毛が上がったからといって完成ではありません。
まつ毛は下にもあるもの。忘れずにカールしましょう。ビューラーを逆さに持って優しく挟んで下さいね。
下まつ毛は上よりも短い場合が多いので無理に3段階にしなくても大丈夫です。下まつ毛もしっかりカールさせてお人形のような目を目指しましょう♪

 

【一重と奥二重の方必見!】ビューラーのコツ

ビューラーの使い方

まぶたが重くてまつ毛が隠れてしまっていたり、短いからビューラーでカールしにくいと悩んでいませんか?
実はコツをつかむだけで簡単に二重のようなぱっちり目になれちゃうんです!コツは指でまぶたを引き上げながらちょっと強めの力で挟むこと。たったこれだけで綺麗にカールさせることができちゃいます!ぜひ試してみてください♡

 

キレイなカールの目元を手に入れよう

ビューラーの使い方

ビューラーの種類や使い方について深く知ることができましたか?
自分に合ったビューラーを使うことでまぶたを挟んだり、まつ毛が抜けてしまうことを防ぐことができます。
また、使い方のコツを知るだけで簡単にカールさせ、長くキープすることも可能です。あなたも自分の目に合ったビューラーと正しい使い方で、印象に残るぱっちりとした目を目指しましょう♡