love

クリスマスに女性から告白するには?成功率上げる秘訣やキュンとするセリフを紹介♡

クリスマスと言えば街は華やかに彩られ、ロマンチックな雰囲気に包まれます。
生命保険アフラックが「クリスマスシーズンに告白・プロポーズをした人の成功率」の調査結果は74.2%と7割を超える成功率なのをご存じですか。このクリスマスは、待っているだけではなく、自分から行ってみましょう♡
女性からの告白が成功するポイントをお伝えします。

“クリスマスに女性から告白”はアリ?ナシ?

カップルの大イベントであるクリスマスは、大好きな人と一緒に過ごすチャンスが欲しいですよね。周りが恋愛のことでソワソワするクリスマスだからこそ、あなたの気持ちも彼に伝えやすいかもしれません。
告白したいけど、女性から告白すべき?と悩んでいるあなたへ、女性から告白された男性の心理も合わせて紹介していきます。ぜひ参考にしてください。

“男性から告白しない”という人が増えている

「草食系男子」などという言葉が表立っている今の時代、男性が良くも悪くも恋愛において慎重になっている傾向があります。男性も「どうせ失敗するなら、このままの関係で良い」と思い、告白をしない人も増えているのです。
とあるアンケート調査では「告白しない男性」が半数を占める結果がでています。
消極的な男性の増加が実証された今、告白は女性からすることも普通な世の中になっていることがわかります。

そんな時代だからこそ“女性からの告白”はアリ♡

告白をしない男性が約半数いるのに反して、「クリスマスに告白をすると成功する」割合は何と7割を超えているとのこと…。
“クリスマスの告白成功率は7割”という事例があるのに、それでも告白に臆する草食系男子が増えている現代。女性から告白することも不思議なことではないのかもしれません。

「女性からの告白はアリか」という質問を男性にしたところ、9割の男性が「アリ」だと答えています。
そして「どう思うか?」という質問に対しては「すごく嬉しい」や「自分に自信が持てる」や「気を遣わずに付き合う事ができる」など、男性側のポジティブな意見が多いのです。
繊細な男性が積極的な女性を受け入れているのがよくわかる結果だと言えます。

告白は自分が傷つきたくないからしないだけで、交際はしたいと思っていいることがわかりました。勇気を出して女性から告白しましょう!

 

成功率UPのために♡告白までに準備したい5つのこと

①彼とある程度仲良くなっておく

告白しようと決めたなら、まずは準備が必要です。突然告白してもあなたをよく知らなかった場合、彼は返事に困ってしまうかもしれません。
まずは、あなたをよく知ってもらうためにも、ある程度仲良くなっておく事が大切です。

②相手に恋人がいないかなどのリサーチ

勇気を出して告白したのに、「実は彼には好きな人がいた」や「既に恋人がいた」なんてことがあったら悲しいですよね。成功しない告白をして傷つく前に、彼の事をちゃんとリサーチしておく事が大切です。

気になる彼の友人や自分の友人に協力してもらい、情報収集やグループで遊ぶ約束を作るなど、周りからの協力を得るのは大きなポイントです。友人などの協力者によって彼との仲もより深く築ける事もありますし、何よりも協力者がいると心強いものです。
彼の好みの女性など情報を集めておくと、告白が成功する確率にも繋がります。

③自分磨きに力を入れる

身だしなみや、言葉遣いなど、自分磨きをするといつも以上に自信が持てますよね。綺麗になるだけでなく、「自分で自分を好きになる、自分に自信を持つ」ことはあなたを魅力的に見せてくれます。

④告白シュミレーションをしておく

男性は長々とダラダラと説明されるのが苦手。
簡潔に、わかりやすくあなたの気持ちを伝えられることが、告白する上で一番重要なポイントと言えます。
緊張して言いたいことがうまく伝えられず、グダグダになってしまわないように、どうやって気持ちを伝えるか練習をすることは必須。

そして、女性も告白される場所に理想があるように、男性にとってもシチュエーションは大事なポイントです。落ち着いて自分の気持ちを伝えられ、かつ彼の素敵な思い出に残るような場所を事前に調べておきましょう。

⑤振られてしまった時の事も考えておく

告白する前に失恋を考えてしまうのは、ネガティブなようにも思えるかもしれません。しかし、心づもりとして、もしダメだった時のことも考えておくと良いでしょう。

「わかった、ありがとう」などと潔くと去られると、追いたくなるのが男性の心理でもあります。
「振られてもう立ち直れない…」などと相手に重い印象を与えて、相手に振ってよかったと思われないように、さっぱり立ち去る事ができる素敵な女性になれると良いでしょう。

また、振られてしまっても、気晴らしをして気持ちを切り替えることも素敵な女性になる大きなステップです。失敗は自分を更に成長させる要素だということを、心に持つと、告白することに自信を持って挑めます。

 

ここがチャンス♡告白が成功しやすい4つのタイミング

①デートの帰り道で

告白する時に、急いだり焦ったりする事は禁物です。

一番良いタイミングは、“二人で出かけた帰り”や、“食事をした帰り”なんです。もう少し一緒にいたいという気持ちを込めながら「もう少し話さない?」などと、二人っきりになれる場所に移りましょう。
「もう少し一緒にいたいな」という気持ちが男性に伝わると、可愛いと思う男性も多いのです。

②プレゼントを貰う・渡す時に

プレゼントをあげることは好意がある証拠でもありますし、「自分に好意を持ってくれてるのかな?」と意識してくれるかもしれません。そんな時に、好きなものや、彼を思ったプレゼントだったりすると、「自分のことを考えてくれていたんだ」とグッとくるものです。
「あなたの事を思いながら選んだ。」という言葉と共に告白すると、きっと彼も告白以上にあなたの気持ちを感じ取ってくれるでしょう。

③食事が終わった後に

美味しい食事をした後は、気持ちも満足しています。
美味しそうに食べる姿に、男性は可愛いと思い、“食事を楽しめる=長く一緒にいられる”相手だと感じます。
楽しい食事の時間を過ごした後に、あなたからの愛の告白をされたら、きっと「この子と付き合ったら幸せになれるんだろうな」と想像もしやすいでしょう。

④夜景やイルミネーションをみながら

クリスマスといえば、イルミネーション!街が華やかに彩られ、ロマンチックなムードに包まれますよね。イルミネーションのほのかな淡い光の中で、愛の告白をされて嫌な人はいません。
街のロマンチックな雰囲気とクリスマスムードの力を借りて、告白すれば成功するはず。晴れて恋人になっても、きっとこの先も忘れられない思い出になるでしょう。

告白の参考に♡キュンとくるセリフ3選

①ストレートに“付き合って下さい”

男性には簡潔な言葉が一番伝わりやすいと言われているため、ストレートに「付き合ってください。」と言いましょう!
「好きです。」と口に出すのも男女関係なく嬉しいですよね。一緒に使うと喜んでくれること間違いなし。自分の気持ちをストレートに言える人は、付き合ってからも好きな気持ちを言葉で伝えてくれると思ってくれますよ。

②一途さを伝えて“ずっと好きでした”

「ずっと前から好きでした。」
このセリフには好きだった期間を思わせる力があります。

例えば彼とあなたとの思い出の時、「あの時から好きでした。」と言う事を付け加えると、彼も「あぁ、あんなに前から思っててくれたのか」「あの時は既に自分に好意を持っててくれてたんだ。」など、思い出をさかのぼります。前から好きでいてくれたあなたの一途な健気さを感じるはずです。

③照れ屋さんは“来年もずっと一緒にいたいな”

それでも「ストレートに言えない!」という照れ屋さんは、「来年もずっと一緒にいたいな」や「来年のクリスマスも一緒に過ごしたいな」などという言葉を使っても良いでしょう。
ですが、回りくどい言い方を理解できない男性は「クリスマスを過ごす相手を探しているの?」など、気持ちが伝わらなかったり、変な誤解をされてしまう場合があります。「好きだから一緒にいたい」という気持ちが伝わるように、前後のアプローチをして、伝わるようにしておきましょう。

 

大好きな彼への告白を成功させて最高のクリスマスにしよう♡

街はイルミネーションがいろどり、カップルムード一色のクリスマスに、告白をされることに理想を持つ人は多いのではないでしょうか。
クリスマスには告白が成功する確率が上がると言われています。お互い好意があるのに彼から告白されないなら、彼は「告白しない系男」かも?
クリスマスを利用して、あなたから告白してみましょう!
ぜひ好きな人と恋人になって、温かい幸せなクリスマスの思い出を作って下さい。