洗い上がりしっとり!乾燥肌の人におすすめの洗顔14選【プチプラからデパコスまで】

スポンサー

良い化粧品などを使ってスキンケアをしているのに、「肌がつっぱっている感じがする」「肌が乾燥してメイクが綺麗にのらない」なんてことはありませんか?その乾燥は化粧品やスキンケアが問題ではないのかもしれません。スキンケアをする前の洗顔のやり方が間違っている可能性も…?!肌を乾燥させないために、正しい洗顔のやり方や対策、おすすめの洗顔料をご紹介します♪

もくじ

洗顔後の乾燥をなんとかしたい!

肌の乾燥は、シワやシミ、たるみ、かゆみなど様々な肌トラブルの原因となります。
乾燥を防ぐには保湿ケアを徹底することが重要ですが、きちんとケアを行わないと乾燥を防ぐことができなくなってしまいます…。乾燥を防ぐためのケアを誤ってしまうと、乾燥を悪化させることにもなりかねないので、適切なケアを身につけましょう!!ひどい乾燥が続いてしまうと、かゆみや痛みを引き起こす場合もあるので早めの対策が大切です。

なぜ乾燥するの?肌が乾燥する原因

秋や冬に乾燥しやすいと感じる肌ですが、季節問わず紫外線などによるダメージもあるのです。乾燥肌は、肌の水分保持力が下がってしまうことが原因…。乾燥肌はどんな原因で引き起こされるのか、様々な原因をご紹介します。

生活リズムの乱れ

「食事の回数や時間が日によって違う」「野菜などを上手に取れず栄養バランスが悪い」「睡眠不足」などの生活習慣の乱れから、肌荒れを起こしてしまうのです。
「睡眠不足」や「栄養バランスの乱れ」は、肌の新陳代謝(ターンオーバー)がスムーズに機能しない原因となってしまいます。肌の新陳代謝ターンオーバーとは、睡眠中に分泌される成長ホルモンによって活性化されます。
睡眠が足りないと成長ホルモンが十分に分泌されず、ターンオーバーのサイクルが乱れる可能性があります。今の生活リズムを改善するのは、なかなかできませんよね…。ですが!!自分の肌のためにも、生活リズムを改めることも必要です!!

間違ったスキンケア方法

間違ったスキンケアを続けてしまうと、肌をより乾燥させてしまいます!!メイクをしっかり落としたいからと、必要以上にクレンジングや洗顔料を使っていませんか?
また、乾燥しているからといって、必要以上にオイルをを塗って保湿しようとしていませんか?
どちらも誤ったスキンケア方法なのです。もちろんメイクをしっかりと落としたり、保湿しようとするのは必要なことですが、きちんとスキンケアを行わないと乾燥を悪化させてしまう原因になってしまいます…。

季節や環境

湿度の低下する10月から11月を境目に、肌は乾燥しやすい状態になります。外の空気が乾燥しているとお肌も乾燥しやすくなってしまうため、冬はより乾燥肌になりやすいです。
しかし、季節を問わず、室内で使用するエアコンも乾燥肌には良くありません…。冷房でも暖房でも、肌を乾燥させてしまうのです。肌のうるおいは、周囲の空気の湿度によって大きな影響を受けてしまいます!肌にとっての適切な湿度は、60~65%といわれています。室内にいるときは、加湿器も併用するなどして、肌にとっての適切な湿度を保つことが大切です。

スポンサー

肌の乾燥を防ぐための洗顔料の選び方

洗顔料で顔を洗うというのは、とても大切なことです!!今あなたの使っている洗顔料はあなたの肌に合っていますか?洗顔料は肌に直接触れるため、肌への影響はとても大きいのです。どんな洗顔料を使っているかで、あなたの肌質が決まってきますよ!

刺激の少ないものを選ぶ

あなたの肌に合う合わないで決めることも大切ですが、まずは刺激の少ないものを選ぶようにしましょう。
乾燥肌であれば、刺激が少ないものと「保湿成分」を配合している洗顔料がおすすめです!パウダータイプの洗顔料も良いですが、乾燥している肌にはクリームタイプをおすすめします。洗顔料を購入する際は、「保湿」「美白」などの成分をしっかり見て購入してくださいね!

乾燥しにくい成分が配合されているものを選ぶ

肌が乾燥しているときには、刺激の少ない保湿洗顔料を選びましょう!
「ヒアルロン酸」「グリセリン」「セラミド」を成分に含む洗顔料は、乾燥肌でも肌をしっとりとさせてくれます。乾燥肌の方は普通の洗顔料でも肌にダメージを受けてしまうことがあります…。アレルギー物質を含んでいることもあるので、慎重に選んでくださいね!!

洗い上がりがつっぱらない!乾燥肌におすすめの洗顔料7選

洗顔後に肌がつっぱってしまうのは、洗顔料だけのせいではありません。洗いすぎて必要な皮脂まで洗い流してしまっているのです…。ご紹介する洗顔料で洗い過ぎないように洗顔をしてみてください!

①コスメデコルテ フィトチューン クリア パウダーウォッシュ

(amazon)

炭酸の泡で毛穴の黒ずみやザラつきなどもなめらかに洗いあげる、酵素洗顔パウダーです。
普段の洗顔では落としきれない毛穴の奥の汚れや、くすみの原因となる古い角質もしっかりオフしてくれ、しなやかですべすべの透明肌に整えてくれます。
皮脂やホコリ、毛穴の奥の汚れまで優しく包み込み、肌に負担をかけない優しい使い心地です。

内容量:40g  参考価格:3,240円

 

②オルタナ 敏感肌用洗顔料タイムマネージメントフォームセンシティブ

出典:オルタナ公式サイト

乾燥やかゆみ、肌荒れ、吹き出物など、肌の不調を繰り返す不安定でデリケートな肌を優しく洗いあげてくれる洗顔フォームです。洗いすぎ、擦りすぎを防いでくれ、つるんとしてもちもちの吸いつくような肌感触に整えてくれます。

内容量:180ml 参考価格:4,536円

 

③b.glen クレイウォッシュ

(amazon)

とても使いやすい泡立て不要の洗顔料です。クレイの吸着力で毛穴の汚れや古い角質を引き寄せて落としてくれます。洗顔をすると肌が乾燥しがちですが、クレイウォッシュは大切なうるおいと必要な皮脂はしっかり残すので、しっとりすべすべの洗いあがりで乾燥しにくくなります。

内容量:150g 参考価格:4,212円

 

④ACSEINE リセットウォッシュ

(amazon)

乾燥肌などのトラブルを抱えている肌をキレイにリセットしてくれる洗顔料です。
泡が直接出てくるから、泡立てる必要は一切ありません!!天然多糖類とグリコール酸の働きで、負担をかけることなく余分な角質を取り除き、うるおいのある柔らかい肌へ立て直してくれます。

内容量:200ml 参考価格:3,240円

 

⑤アクネスラボ ウォッシングフォーム

(amazon)

キメの細かい泡で皮脂、古い角質などを優しく洗い流してくれる洗顔フォームです。
皮脂が過剰分泌する思春期の肌を毎日のケアで、根本から健やかに整えるスキンケアシリーズのため、小学校高学年~高校生まで長い期間使っていただけます。

内容量:150g 参考価格:1,190円

 

⑥ケサランパサラン トリートメント ウォッシュ

(amazon)

マイクロサイズの炭酸泡でしっとりした肌に導いてくれる美容洗顔料です。
肌の上で30秒間、泡が崩れたりすることなく密着し、炭酸が肌のすみずみまでアプローチしてくれます。ごわつきの原因となる汚れや、余分な皮脂を取り除き、角質層へ美容成分の浸透も促すので洗い流したあとは、しっとりやわらかな手触りになります。
乾燥肌の方でも使い続けるほどに、肌そのものが生まれ変わったかのように美しくなる美容洗顔料で、目元をこすることなく汚れを落とすことができるので、まつげエクステをしている方でも安心して使っていただけます。

内容量:140g 参考価格:2,760円

 

⑦ポーラ B.A ウォッシュ

(amazon)

ねっとりとした濃密泡ができる、マイクロファイバーフォームを配合した洗顔ウォッシュです。モイストキャッチポリマーとモイストキープポリマーが、肌のうるおいを守りながら洗いあげてくれます。

内容量:100g 参考価格:10,800円

 

コスパ最高!乾燥肌におすすめのプチプラ洗顔料7選

乾燥肌だけど、高い洗顔料を使うのは…という方のためにプチプラな洗顔料をご紹介します。プチプラだけど優秀なものばかりです!値段に囚われることなく、試してみてくださいね♪

①ビオレ スキンケア洗顔料 モイスチャー

(amazon)

スキンケア洗顔料モイスチャーは、なめらか感がアップして肌への刺激の一因となる汚れを落として、肌本来のうるおいを守ってくれる洗顔料です。なめらかにのび広がる泡のヴェールが、しっとりなめらかな素肌に整えてくれます。上品でみずみずしいフローラルの香りのため、香りがきついということもなく使いやすいですよ。

内容量:130g 参考価格:298円

 

②ビオレ おうちdeエステ洗顔ジェル やわらか

(amazon)

スキンケア洗顔料モイスチャーとは違い、泡立たないタイプの洗顔料です。
角層深部までうるおいで満たす高潤ほぐし処方なので、マッサージしながら洗うだけでやわらかな素肌になります。乾燥によるごわつきにもうるおいを与えて、やわらかくほぐしてくれます。朝の洗顔で使うより、お風呂場などの湯気のある場所での使用をおすすめします。

内容量:150g 参考価格:535円

 

③専科 パーフェクト ホイップ

(amazon)

濃密な白まゆ泡で包み込み、なめらかでしっとりとしたすっぴん肌へ洗い上げてくれる洗顔料です。きめの細かい泡密度5倍の泡が、毛穴や皮溝にすべり込み汚れを吸着。洗顔中もずっときめ細かい泡が続くので、気持ちよく洗顔ができますよ。

内容量:120g 参考価格:920円

 

④ニベア クリームケア洗顔料 しっとり

(amazon)

ニベアクリーム成分を配合した「濃密保湿洗顔」です。きめ細やかな濃密クリーム泡と保湿力で、うるおいを守りながら優しく洗いあげてくれます。すっきりと洗い流せるのに、洗いあがりはしっとりなめらかな肌に仕上がります。

内容量:130g 参考価格:518円

 

⑤ダヴ センシティブマイルド洗顔料

(amazon)

低刺激処方で無添加、アレルギーテスト・パッチテスト済みで、アレルギーを引き起こしやすいとされる香料成分の使用を控えた、肌に優しい洗顔フォームです。ダヴ独自のうるおい成分を配合しているので、うるおいに満ち溢れる肌へと導いてくれます。

内容量:130g 参考価格:692円

 

⑥BCL クレンジングリサーチウォッシュクレンジングN

(amazon)

毛穴がすっきりする、スクラブ入りの洗顔料です。
マッサージで肌を血行促進し、毛穴の奥から老廃物を根こそぎ吐き出させ、透明感をさらにアップさせてくれます。古い角質によるくすみやニキビ、毛穴の汚れを防ぎ、明るくて汚れのない肌に整えてくれます。

内容量:120g 参考価格:837円

 

⑦オルビス アクアフォース マイルドウォッシュ

(amazon)

毎日の肌の調子の実感を左右する「角層」の水分量にアプローチしてくれる洗顔料です。
水分の逃げ道となる角層のスキマにぐんぐんと浸透し、”調子がいい”と感じる肌へ導いてくれます。モコモコの濃密泡で、汚れや角質を優しくオフしてくれますよ!

内容量:120g 参考価格:1,404円

 

洗い方で肌が変わる!乾燥肌を防ぐ洗顔方法

洗顔をするとき、泡で顔をゴシゴシと洗っていませんか?ゴシゴシ洗顔をしなくても、優しく洗ってあげるだけで、顔の汚れは落とせるのです。ゴシゴシと洗顔をすることで、必要な油分を洗い流したり、肌を傷つけてしまったり…乾燥肌を招いてしまうことがあるので、正しいやり方で洗顔をするよう心がけましょう。
また、洗顔料を使っての洗顔は夜だけにしてください。1日に2度も洗顔料を使ってしまうと、必要な皮脂まで洗い流してしまいます…。
乾燥肌を防ぐ洗顔方法をご紹介するので、試してみてくださいね♪

①石鹸で手をしっかり洗う

洗顔をするとき、いきなり手に洗顔料をとって洗顔をはじめていませんか?洗顔をする前に、まずは洗顔をする手を洗うところから始めましょう。手に付いている油分や雑菌のせいで、洗顔料の効果を十分に発揮できないことがあります。洗顔前にはきちんと手を洗うという癖を身につけ、洗顔後の肌を守りましょう。

②ぬるま湯で顔をすすぐ

洗顔料をつける前に、25~32度のぬるま湯で顔を洗い、軽く汚れを落としておきましょう。手を洗ったからといってすぐに洗顔を始めず、まずは顔を塗らすことが大切です。
肌表面でバリア機能を果たしている皮脂は、35度から溶け出してしまいます!熱すぎるお湯だと肌を守るための大切な皮脂まで取り除いてしまって、肌を乾燥させてしまうのです。
肌の乾燥がすごく酷いときには、洗顔料は使わず25~32度のぬるま湯だけで洗顔するということもおすすめです。

③洗顔ネットを使って濃密な泡立てる

手を洗い、顔をぬるま湯で洗い流したら、洗顔料を手に取ってしっかりと泡立たせましょう。泡立たせるときに、洗顔ネットを使って泡立てると、手で泡立てるより濃密な泡ができて洗いあがりをすっきりとさせてくれますよ。洗顔ネットは100均などにも売っているため、手に取りやすいと思います!
しっかりと泡立てることによって、洗顔料の洗浄効果をアップさせることができますよ♪泡立たせてその泡に埋もれるというのも、気持ちが良いものです!!

④Tゾーンを中心に優しく顔を洗う

洗顔料を泡立てたら、顔に泡をあてて指の腹で泡を転がすようにして洗いましょう。
皮膚の薄い目や口周りは泡を乗せるくらいで十分ですが、テカリやすいTゾーンなどは、丁寧に泡で洗ってあげてくださいね!洗うときには決して、ゴシゴシとこすらないようにしてください。
洗顔をするとき、毛穴などの汚れやテカリが気になってしまい、ゆっくりと時間をかけて丁寧にしていませんか?洗顔に時間をかけすぎると、必要な皮脂まで洗い流してしまい、シミやシワの原因になってしまうので時間はかけすぎないようにしましょう。

⑤ぬるま湯でしっかり顔をゆすぐ

洗顔料でしっかりと洗ったあとは、また25~32度くらいのぬるま湯でゆすいで洗い流してください。ゆすぐときには、両手ですくったぬるま湯を顔につけるようにして、30回以上ゆすぐように心がけましょう。間違えても、シャワーの水やお湯をそのまま顔にかけるということだけはしないでくださいね!!シャワーの水圧で肌を傷つけてしまい、乾燥の原因になることもあるのです。
また、ぬるま湯ではなく冷水や熱湯でゆすいでしまうと皮脂の汚れが落ちにくく、毛穴が締まってしまうので、洗顔後のスキンケアが浸透しにくくなってしまいます。

⑥清潔なタオルで顔を拭く

泡を綺麗に洗い流せたら、清潔なタオルを優しく顔に当てて水分を吸収させます。タオルは肌との摩擦が起こりやすいので、ゴシゴシとこすらないように気を付けてくださいね!
タオルの質はあまり関係しませんが、少しでも質の良いタオルを使うと気分も違ってきますよ♪

保湿ができる洗顔を使って肌を乾燥から守ろう!

肌の乾燥が気になっているとき、洗顔をするのもスキンケアをするのも怖くなってしまいますよね…。自分の大切な肌を乾燥させないために、ご紹介した洗顔料などでしっかりと洗顔し、ケアをしましょう。洗顔のやり方、洗顔料ひとつで乾燥肌は防ぐことができるのです!

洗顔料の中には、しっかりと保湿をしてくれるものもあります。洗顔料を選ぶことひとつでも自分の肌を守ることができ、メイクをするのも楽しくなること間違いなし♪

また、洗顔後のスキンケアもとても大切です!洗顔後、肌表面の皮膚が失われた状態で放置していると、肌内部の水分がどんどん失われていきます。なので、洗顔後できるだけ早くスキンケアを開始して肌内部の水分蒸発を防ぎましょう。洗顔後すぐにスキンケアをしてパックをするのも良いかもしれませんね!!
ご紹介した洗顔方法・洗顔料で、乾燥知らずの肌を目指しましょう!!

スポンサー