こじらせ男子の特徴17選!気になるあの人を診断しよう♪

スポンサー

面倒なのになぜか気になるこじらせ男子。あなたの周りにもいませんか?
こじらせ男子はどちらかというとマイナスのイメージがありますが、実はいいところも沢山あるんですよ!
コツを掴むと案外居心地が良い相手かもしれません。今回は気になる彼のこじらせ度をチェックして、上手な付き合い方を学びましょう!

こじらせている=悪いってホント!?

こじらせ男子にはいろいろなタイプがありますが、共通しているのは周囲との間にネガティブな溝ができやすいということです。
学生時代に何らかのトラブルを抱え、そのまま引きずって孤立化してしまうというパターンが多いようです。

友達と積極的につき合おうとはしませんし、社会人になっても異性との交際には消極的です。
あなたの職場にもいませんか?「彼、気になるけどもしかしてこじらせてる?」という人。
また、「私の彼、こじらせてるかも!?」と毎日悶々としている人はいませんか?

こじらせ男子はかなり個性的。でも、やさしくて気配りが出来て、しかも堅実なのもこじらせ男子の特徴なんですよ!
こじらせ男子の生態をしっかり理解して、素敵な恋をしてみませんか?

【マイナス】こじらせ男子の特徴

こじらせ男子のここがイヤ【性格編】

1.「だって」と「でも」を使いがち

こじらせ男子は非常にネガティブです。会話をしていても「だって」「でも」を多用し、いつも後ろ向きな発言ばかり。

心配性なのはわかるけど、なにもそこまでネガティブにならなくても…と周囲は思うのですが、本人も自覚していることが多いです。
ただ、気づいていながらネガティブ思考を直すことができないのです。

2.意気地なし

簡単にいうと「男らしくない」というタイプです。学生時代から女性との付き合いとは縁がなかったので、好きな女性がいても接し方がわかりません。

せっかくいい雰囲気になってもデートに誘うなんてハードルが高すぎてとても無理。
女性が積極的に誘ってようやくデートにこぎつけたとしても、手をつなぐことさえできません。
「誘えない⇒少ないチャンスを無駄にする」この繰り返しで、女性から見ると「意気地がない人」に映ります。

3.頭が固い!

こじらせ男子は気持ちの切り替えが下手です。誰も気にしないような小さな失敗でもずっと引きずっています。
例えば、みんなでダーツゲームをしていて、一人だけ的から大きく外れてしまった時、しょせんゲームなのでほとんど記憶にも残らないような些細なことですが、こじらせ男子はそれをずっと忘れることができません。

そして二度とダーツゲームには近寄らなくなります。
もっとゆったりとした気持ちで純粋に楽しめればいいのですが、それができないのが頭の固いこじらせ男子なのです。

4.優柔不断

決断力がないのもこじらせ男子の特徴です。
せっかく女性とデートしても、レストランでメニューを選ぶのさえひと苦労。
彼女が「どっちが美味しいかな?」と聞いても、「これにしようよ」「半分ずつシェアしよう」といった提案はできません。
ただ延々とメニューとにらめっこするのみです。

また、ショッピングに行ってもこじらせ男子の優柔不断さは顕著です。
彼女が服を選んでいて「これとこれ、どっちが似合う?」と聞いても、極度の優柔不断なので「これがいいよ」とは言えません。
「どっちも似合ってるよ」などとぶっきらぼうに言うのが精いっぱい。
これでは女性は「私のことなんてどうでもいいんだ」とガッカリしてしまいますね。

5.いつだって自信がない

こじらせ男子はとにかく自信がありません。
ルックスだってちゃんとすればけっこうイケメンなのに、「自分なんてどうせ」とボサボサ頭にヨレヨレの服。
仕事でも周囲の誰もが認めるような長所があるのに、やはり「自分なんて」と自らのチャンスを棒に振る始末。
周囲に認められたいと思っているくせに「自分なんて…」と自分に自信を持てないのがこじらせ男子です。

こじらせ男子のここがイヤ【行動編】

6.割り勘は基本

こじらせ男子はとにかくケチです。お金がないわけではなく、自分の趣味には出費を惜しまないのに、デートはなぜかいつも割り勘…。
女性はたまには素敵なレストランに行ったり、気前よくおごったりしてほしいのに、デートで行くのはいつもファミレスやファストフードじゃ、シラけてしまいますね。

また、クリスマスや誕生日などはカップルにとって大事なイベントですが、ここでもこじらせ男子はケチを発揮します。
やっと豪華なレストランを予約したかと思えばレジで割り勘。プレゼントをくれたかと思えばホームセンターで買ったボールペン…。
これじゃあ女性もドン引きしてしまいます。

7.比較しがち

こじらせ男子は自信がないくせに比較するのが大好き。「もしかしてマゾなのでは?」と思うほど、自分を他人と比べたがります。
同期が一歩先に出世すればひとり悔し涙を流し、同級生の結婚式に出席しては「もしやこのまま自分は結婚できないのでは?」と焦ります。
こじらせ男子は自虐が大好きなのです。

8.褒められてると思わない

自分に自信がないこじらせ男子は、周囲の褒め言葉を素直に受け止めることができません。

髪を切った翌日に「その髪型似合ってるね」と言われても「やっぱり変なのかな」と鏡をチラチラ。その日は1日落ち着きません。
また、上司に「この間の企画よかったよ!」と褒められても「全然使い物にならないっていう意味だな」とひねくれて解釈します。
褒め言葉が嫌味に聞こえてしまうので、そのネガティブ思考はますます悪化するばかりです。

9.飲みの誘いは断る

こじらせ男子は基本的に人付き合いが苦手です。1対1でもやっとなのに、会社の飲み会や同窓会のような大人数のイベントはかなり無理!
人が多ければ多いほど比較対象が増え、それだけ自己嫌悪に陥りやすいのです。
パッと見かっこいいのに、なぜかいつもみんなの誘いを断っている人がいたら、その彼はこじらせ男子なのかもしれません。

10.否定から入る

否定的なこじらせ男子は何を言うにも否定形で始まります。
「このレストラン素敵だと思わない?」「いや、そういうとこって美味しくないだろ」
「新しいネックレス買ったの。可愛いでしょ?」「いや、派手じゃないかな?」
こんな調子でつねに否定から入るので、相手も会話をしていて不快になります。

スポンサー

【プラス】こじらせ男子の特徴

こじらせ男子の良い所【性格編】

11.根は優しい

いつも優柔不断なこじらせ男子ですが、言い換えると「相手の意見を尊重する人」ということです。
デートの時も「ランチはここで、映画はこれを見て、そのあとこのイベントに行って…」と一人で仕切るようなことはしません。
いつも控えめで、彼女が「ここに行きたい」と言えば、たとえ自分が行きたいところがあっても譲ってくれます。
グイグイ引っ張って行く男性が苦手な女性にはぴったりですね♪

12.一途でいてくれる

こじらせ男子は決して器用なタイプではありません。恋愛においても複数の女性を視野に入れることはなく、ひとたび「この人!」と決めたら、ずっと一筋です。
たとえ振られても相手にされなくても、同じ女性を誠実に思い続けます。
もちろん交際後もこの一途さは変わることはありません。喧嘩をすることはあっても浮気などはほぼ不可能!ある意味、理想的な恋人のタイプかもしれません。

13.気遣いがマメ

こじらせ男子は率先して活躍するタイプではありませんが、頭の中ではつねに周囲を観察しています。
ネガティブ思考でいつも他人と比較する癖がついているせいか、周囲の状況にはとても敏感。

つらいことがあった日や体調が良くない時などは、いち早く気づいてくれるのがこじらせ男子です。
表舞台に立つタイプではありませんが、一人そばにいてくれると安心できます。

こじらせ男子の良い所【行動編】

14.趣味に夢中

こじらせ男子は基本的に一途です。異性に対してもそうですが、趣味においてもその一途さは健在で、何かを趣味にするととことん極めようとします。
そのため、趣味については非常に饒舌で知識も豊富。ちょっとかじっただけではとても追いつけないような「博士」のようなタイプもいます。
もし気になっている彼がこじらせ男子なら、共通の趣味があるとかなり頼りになりますよ。

15.深く狭い交友関係

人付き合いが苦手なこじらせ男子はどちらかというと友達は少ないです。
一度に多くの人と付き合うようなことはしませんが、そのぶん、少ない相手と深い交友ができます。

友達が少ないとそのぶん親密度も高まり、まるで身内のように非常に信頼できる関係を築けます。
信頼できる友達との絆が強いと、何かに迷った時やつまづいた時に適切なアドバイスがもらえて心強いですね!

「浅く広く」も多くの人と知り合えて楽しいかもしれませんが、「深く狭く」もいいものですよ。

16.無駄遣いしない

こじらせ男子は無駄遣いをしません。交友関係が狭いのもありますが、必要なものと要らないものをちゃんと区別しています。
健康的に問題となりそうな煙草やお酒はいっさい口にせず、金銭的には非常に堅実。
もちろん趣味にお金をつぎ込むことはありますが、得るところが大きな趣味は無駄遣いではありませんよね。

17.スケジュールが合う

デートしたいのにいつも彼のスケジュールがいっぱいだともどかしいですよね。
その点、こじらせ男子ならほぼスケジュールが空いています!

なにしろこじらせ男子は人付き合いが苦手で、友達といえばごく少数の親友のみ。休日は毎週デートだって夢ではありません。
それどころか毎日の仕事帰りや連休の旅行だってスケジュールを合わせやすいです。寂しがりの女子にこれ以上ピッタリな恋人候補はいないでしょう♪

こじらせ男子に嫌われるかも…?NG行動集!

決めつける

こじらせ男子がもっとも嫌うのが周囲からの「決めつけ」です。そもそも、彼等は自分自身が頑固で「こうだ」と思ったら頑として譲らない決めつけタイプ。
そこに彼女が違う視点で決めつけてしまうと深い争いに発展しかねません。
小さなことには一歩譲る気持ちで、「こういう考えもあるよ」「それもいいけどこれもいいね」と決めつけを避けると上手くいきます。

嘘をつく

こじらせ男子は嘘を見抜くのが上手です。なぜなら、こじらせ男子自身が非常に疑い深く、そう簡単には人を信じないからです。

あなたが男友達と遊びに行った時に妙に隠し立てでもしようものなら、瞬時につじつまが合わないところを見つけて、あらぬ疑いをかけられてしまうことに…!
逆に何事も嘘をつかず、正直に話すと案外アッサリと受け入れてくれるかもしれませんよ。

否定する

こだわり男子はネガティブ思考のくせに、否定されることが大嫌いです。
というのも、こじらせ男子のネガティブ思考は、プライドが高いくせに自分に自信がないことが原因だからです。

そこにあなたが「その考え方は間違ってるよ」などと言おうものなら、全否定されたかのように感じ、あなたの言葉に耳を傾けてくれなくなるでしょう。
否定するのではなく、あくまでも違う道を提案するという方向にとどめておきましょう。

見放す

こじらせ男子は愛する女性にとても忠実です。他の女性などまったく目に入らないほど一途なので、そんな相手から見放されたら生きていけません。
少々面倒な時もあるかもしれませんが、見放すような言動は極力避けましょう。

どうしても今かまってあげられないなら、「今日は忙しいけど、明日ゆっくり話を聞かせてね」と、あくまで「あなたのことを考えてますよ」というアピールをするといいですよ。

こじらせ男子へのおすすめアプローチ

いろいろ面倒なところもあるこじらせ男子ですが、いいところも沢山ありましたよね。
そんなこじらせ男子が気になっているあなたのために、ちょっとしたコツをいくつか紹介していきます。
接し方を工夫すると彼からの好感度もアップまちがいなし♪

理解してあげる

こじらせ男子は趣味に熱中する傾向があります。
ところがとびぬけた知識を持ちながらも、人付き合いが苦手なためにその知識を披露するチャンスに恵まれていません。

そんなところへあなたがその趣味に興味を示したら、当然彼だって悪い気はしないはず♪
むしろ「この趣味についてこんなに理解してくれる人がいるなんて」と感激する可能性大!気になるこじらせ男子にアプローチするには、まず趣味をリサーチすることから始めましょう。

甘えさせてあげる

こじらせ男子は基本的に孤独なので、誰かに甘えるという経験をしたことがありません。
独りでネガティブ思考のループに陥り、独りで自己否定に走り、独りで周囲の視線に怯え…彼等もなかなか大変です。

そんな時に、甘えさせてくれる女性が現れたら相手の女性が輝いて見えるに違いありませんん!
孤独で神経をすり減らして生きているこじらせ男子には、母親のような気持ちで接して甘えさせてあげましょう。

ポジティブに接する

こじらせ男子はいつもネガティブ。だからこそ、ポジティブな意見で明るい方向に引っ張っていってあげましょう。
たとえばデートの日に雨降りになってしまったら「雨だからデートやめよう」ではなく、「雨が降っていてもできるデートをしよう」という具合に、ネガティブな中にもポジティブを取り入れると新鮮です。

思ったことはストレートに

こじらせ男子に駆け引きは通用しません。
焼きもちを焼かせようと他の男性と仲良くしているところを見せつけても、嫉妬どころか幻滅されるだけ。「そっちの方がいいならもういいよ」となりかねません。

なにしろこじらせ男子は自分に自信がないので、ちょっとした刺激にも耐えられないのです。
思わせぶりなそぶりや回りくどい言い方をするより、ストレートに自分の気持ちを話したほうが好感度は高いですよ♪

面倒見よく付き合ってあげる

こじらせ男子は女性と付き合うことに慣れていないので、とても奥手です。女性がただじっと待っていても、なかなか進展しないのが実情。
そんな相手には女性の方からリードするのがおすすめです!
彼の意見を大事にしながら、彼女の方からスキンシップをしたり接近したりするとスムーズにいきますよ♪
最初はちょっと恥ずかしいかもしれませんが、彼はそんなアプローチをしてくれるのを待っているのです。

基本的に肯定してあげる

自信がなくてプライドが高いこじらせ男子には、とにかく褒めてあげることが大切です。

「いつもワリカンでケチ臭い」⇒「無駄遣いをしない人」
「疑い深い」⇒「表面に流されない人」
「ネガティブ思考」⇒「謙虚な人」

このように置き換えてみると、短所も長所に見えませんか?
自己肯定感が低い彼も、あなたに褒めてもらったら、きっと「俺ってそんなに悪くないのかな」と少しだけ自信を持ってくれるようになるはず♪
褒めて育てるつもりで接していくといいですよ。

こじらせ男子を理解できる女子になろう♪

風変わりで付き合いにくいと思えるこじらせ男子ですが、心の中を理解してあげると案外悪い人ではなさそうです。
なかなか自分に自信を持てないので女性に対しては積極的になってくれませんが、そこは女性が頑張ってもいいところ!
温かく包み込んでじっくり話を聞いてあげると、やがて彼も心を開いてくれるようになりますよ♪
気になる彼がこじらせ男子なあなた!彼に否定的な言葉は逆効果。たくさん褒めて、たくさん甘えさせてあげてください。
彼の一番の理解者になれる日はそう遠くないかもしれません♪

スポンサー