【お医者様好き女子必見!】医者との恋愛を出会いから付き合い方まで完全解説!

スポンサー

医者は恋愛対象の上位に選ばれる職業ですが、医者との出会い方や交際方法で悩んではいませんか?
医者と恋愛をしたいけど出会いの場がない、恋愛に結びつかない、せっかく付き合っても長続きしないといった悩みを抱える女性は少なくありません。
今回は「どうしたらお医者さんと恋愛関係になれるのか」についてお伝えします。

みんなイケメンに見える?!医者の特徴

医者は忙しい生活を送っていると知っていても、実際のスケジュールがどのようになっているか気になりますよね。患者さんを診察するだけでなく、病院での業務は細かく分かれています。
大学病院に勤める医師の1日を調べてみました。

医者の日常生活が知りたい!

人の命を預かる仕事だけに朝から晩まで忙しいイメージですが、実際はどうなのでしょう。
医師は当番制で外来、病棟、手術、検査といった担当業務をこなしたり、大規模な病院であれば附属病院に出向き診療を行う多忙な毎日を送っています。

午前中の外来診療や午後の病棟回診、入院患者さんに対する看護師への指示、手術や検査など目まぐるしい毎日です。
また患者さんの病気を診断したり治すだけでなく、状態を観察して急変に備えたり、休日も呼び出される目まぐるしい日々を送っています。

仕事が終わっても医局に戻り学会用の資料を作成したり、新しい手術の手技を勉強するなど勤務後もやることが盛りだくさんです。

土日は病院の外来業務はお休みですが、病棟には病気や怪我で治療中の患者さんが入院しているため休むわけにはいきません。
昼食抜きで働き、休日が日曜日のみという医師も多くいます。

意外とウブ?!医者の恋愛傾向

幼少時代から医師を目指し頑張ってきたので、学生時代は恋愛に疎い人が多いのが特徴。社会人になっても仕事がメインの生活なので、異性との恋愛経験が少なく恋に無縁な医師も少なくありません。

そのため、恋に関しては奥手でどのように異性と接すべきか悩む人も多いんです。
医者という素晴らしい肩書があり医療のプロである一方で、恋愛に関しては不器用といえるでしょう。

真面目な性格が大半

医者の家庭環境といえば、親が医者やエリートサラリーマンのことがほとんどではないでしょうか。一般的に一流と呼ばれる家庭で育った子供は、真面目で遊ぶことを知らずに育った人もいます。

勉学に励む毎日で、学校が終わっても塾通いや家庭教師をつけて医学部に進学することだけを目標に頑張ってきた人たちなので、恋愛に関しては奥手で真面目な人が多い傾向にあります。

最新の流行に疎いので、デートをしても話が合わない、冗談が通じないと言ったこともあり得るのです。

女慣れしていないことも

医学部に入学するには幼少時代からの積み重ねが重要です。
子どもの頃から「医者になる」という希望を抱き、また親の期待に応えるために勉強の日々を送ってきました。

大学に入学しても医学部は、勉強することが多く他の学生と比較して遊ぶ時間がありません。

合コンに参加したくてもテストやレポートに時間を取られるため参加できなかったり、バイトをしたくても勉強や実習で忙しいので、バイトどころではありません。

ハードなスケジュールのため、女性と出会う機会や会話をする時間が失われてしまい、いざ女性と付き合った時に「女性の扱い方が分からない」といった結末になるのです。

恋愛に関して不器用なので、付き合い当初は男性のぎこちなさに不満を抱く人もいるはず。

医者になった途端モテ期到来?!

ハードな学生時代を卒業し、無事医師免許を取得すると堂々と医師と名乗ることができるようになり、あちらこちらからデートのお誘いを受けたり、急にもてるようになった医師も少なくありません。

学生時代は医師になることに必死で、恋愛に興味を持たなかった人も医者になった途端、急にモテる人が多くなり嬉しい気持ちで一杯です。
今まで勉学に励んできた真面目な人も、モテ期の到来で突然弾けてしまう人もいて、学生時代は恋愛に無関係と思っていた人が、異性と手を繋いで歩いていたいうのも事実です。

外見がイケメンでなくても「医者」というブランドネームに寄ってくる女性は多いものです。

チャラい医者には要注意

医者といっても全員が真面目なわけではなく、なかにはチャラチャラした医者もいます。遊ばれて悲しい思いをしないためにも、相手を見極めることが大切です。

医者というだけでモテるので、口説けばほぼ100%の確率で誘いに乗ってくると確信があり、断られる確率が低いと自覚しています。そのため、抵抗なく女性に接することができ、徐々に女性に慣れてくるとチャラさが表れてきます。

イケメンで会話が上手くいつも面白い話で盛り上げる医師や、お洒落な時計やバック、靴などブランド品に身を固めた医師はチャラい確率が高くなります。

美容整形や緊急性の低い多忙でない診療科に勤める医師は、遊ぶ時間が取りやすいので、たくさんの女性と出会っている可能性が高いといえます。

いつまでもモテたい願望が強く、独身でいることを好むので、医師免許を取得して10年くらい結婚していない男性は、遊びにはまった可能性も考えられます。
更に忙しくても飲み会に積極的に参加するのは、女性にモテたい気持ちが強い心理が働いているからです。

見た目が真面目な人ほど遊んでる

外見で人を判断するのは難しいですが、真面目な医者ほど遊んでいる人がいるのも事実です。真面目な人は他人から「○○先生はまじめね」と評判が良いので、たとえ遊び人であってもバレる確率が低いのです。

また、真面目な医者は学生時代から勉強ばかりで恋愛に縁がなかったため、もて始めて遊んでしまう人もいます。
真面目な人ほど陰で何をしているのか分からないので、見極めが大切です。

 

【出会いパターン別】医者との距離の縮め方

病院内

医師と同じ病院で働くコメディカルスタッフは、一般の女性と比較して出会いのチャンスに恵まれた環境です。同じ職場なら顔を合わせる時間が長いので、チャンスを活かし恋愛関係に繋げ恋愛に発展させることも可能です。
一方、入院中に担当医に一目惚れしてしまった女性は、上手く作戦を練ることで恋が成就しますので諦めず頑張ってみましょう。
付き合うのが難しいと言われる医者でも、ポイントをおさえたアプローチなら成功率が高まります。

女性が医療関係者の場合

医師と結婚した女性の職業の多くは、看護師や薬剤師、臨床検査技師といった医療従事者や病棟クラークが多い傾向にあります。
医師は忙しく1日を病院内で過ごすことになり、出会いの場が少ないため身近な女性と恋愛をしやすいです。同じ病院内に勤務している場合は、飲み会や病院のイベントに積極的に参加し、目当ての医師と距離を縮めることができます。

多忙な医師の場合「恋愛をしたいけど合コンに参加する時間がない」「何処で知り合えば良いのか分からない」、というように恋に悩みを抱えている場合があるので、近づくチャンスです。

大学病院は医学部付属の病院がほとんどなので、若手の医師や研修医なども勤務にやってくるので医師との出会いの確率がアップします。
個人病院はある程度、経験を積んだ医師が多く、既に結婚しているため出会っても結婚に至る確率は低く、不倫関係になりやすいでしょう。

女性が患者の場合

医者と女性患者の恋愛は、ドラマや漫画では良くネタとして取り上げられますが、実際にはあまり聞くことがありません。有名な女優、美人で魅力的な患者でない限り恋愛関係に結びつけるのは難しいでしょう。

患者さんイコール治療対象で成り立っているので、恋愛対象として見られないのが現実で、医療のプロとして道徳的な面から女性患者との恋愛を避ける医師も見受けられます。

医師は毎日たくさんの患者さんを診察しますが顔を見るのは一瞬です。
画面を見ながら症状を入力したり、カルテを見て所見を書くことに夢中なので、よほどの美人でなければ印象に残ることはありません。

入院中の立場であれば、退院する時にメッセージと共に電話番号を記入した紙を手渡す方法や、回診で回ってきた時に病状について相談があるといって、二人きりになれるチャンスを狙う方法もあります。

病気に関しては看護師より医師の方が詳しいですし、病気の相談といえば医師も時間を作って対応してくれるでしょう。外来の場合は「病院の近くに美味しいお店はあるか、院内レストランのおすすめは何か」というように、世間話で近づくのも効果的です。

できれば退院が近づき元気になった時にアプローチする方が効果的。運が良ければ医師の方から交際を申し込んでくる可能性もあります。
笑顔で会話ができるようになれば、両想いになれる日も期待できます。

ジム

多忙な医師は体力が資本と心得ているため、体調管理は欠かせません。
自分が健康でなければ患者さんの治療ができないと考える人は、積極医的に体力づくりに励んでいます。

医師は通いやすいように病院から近い場所にあるジムに通うことがあるので、病院の側にあるジムに通うのも出会いのきっけに。
病院から近いジムは、勤務が終了した医師や看護師が通いやすいようにと遅くまで開いていることがあるので、勤務が終わりそうな夕方からの時間帯に行くと良いでしょう。

毎日同じ時間に通うことでどんな人が通っているのか分かりますし、顔見知りになれば上手く知り合うことができます。同じ時間に通うのが難しくても、毎日続けて通うことでどんな人がどの時間に来るのか分かるものです。

音楽・芸術鑑賞

医師になるには多額のお金が必要です。
入学するまでの学費や医学部への入学費用、更に入学してからもテキスト代や実習費用などさまざまな部分でお金がかかるため、裕福な家柄出身の人が多いといえます。

裕福な家庭の子供は、クラシック音楽や演劇鑑賞というように芸術鑑賞に興味を持つ傾向が強いのです。医師と出会いたい女性は、クラシック音楽のコンサートやミュージカル鑑賞に出かけるとよいでしょう。

医師と合コンがあった時、趣味が合えば話が盛り上がり恋愛関係に発展する可能性が高くなります。
趣味が同じだと親近感を覚えるので、一気に距離が縮まりやすくなるでしょう。

出会い系アプリ

医者自身も仕事が忙しく、出会いの場がないと悩んでいますが、そういった人は出会いを求めるため出会い系アプリに登録している場合があります。
近年では医師に特化した出会い系アプリも出ているので、医師との出会いを求めている女性は医師が登録している出会い系アプリもおすすめです。

1.Pairs(ペアーズ)


出典:Pairs(ペアーズ)公式サイト

国内で比較的人気の高い出会い系のアプリです。医師や弁護士、商社マンなど20歳〜35歳の人が登録しています。
なかでも医師の登録数が多く、大学病院に勤める医師と出会える確率が高くなります。

公式サイトURLhttps://www.pairs.lv/

2.ゼクシィ縁結び


出典:ゼクシィ縁結び公式サイト

結婚の情報誌で知られているゼクシィですが、医師と出会いたい時に利用できます。サポート体制がしっかりしているので、初めてアプリを利用する人にも安心です。
医師と出会いたい方は、専門職の項目にチェックすると探すことができます。
医師の登録者数も比較的多いので、出会いのチャンスがあります。

公式サイトURL:https://zexy-enmusubi.net/

3.ユーブラインド

出典:ユーブラインド公式サイト

mixiグループ運営で数多くの医師が登録しているアプリサイトです。出会いから結婚までスピィーディーなので、結婚を考えている人におすすめです。
結婚を真剣に考えている30歳代〜40歳代の男性の登録数が多く登録しているので、医師と真剣な恋愛ができるでしょう。

公式サイトURL:https://youbride.jp/

 

スポンサー

【科別に紹介】医者の攻略法

内科


内科にも一般内科や消化器内科、呼吸器内科、循環器内科というようにさまざまな診療科目に分かれています。内科系の医師は、真面目で常識を重んじるタイプが多いといえます。

内科のなかでも循環器内科は、難しい分野のためプライドが高く近寄りがたい存在で、冗談が通じないことがあります。
内科系の医師は、実家が開業家で将来は家を継ぐ可能性が高いので、世間に恥じないようなマナーや品格、教養のある女性が好まれます。

また、医学部時代に出会った彼女と愛を育み結婚に至るケースがあるので内科系の医師を恋人にしたい時は、学生の頃から出会うのがポイントです。

外科

外科には整形外科や形成外科、脳神経外科、美容外科と、内科同様にたくさんの種類があります。外科系の医師はパーティーや合コンなど賑やかなことが大好きで、派手で遊び人タイプといえるでしょう。

体育会系で日頃から長時間の手術をこなすため、体力があり疲れていても合コンがあると聞けば積極的に参加します。
出会いが少ないため病棟に美人な看護師がいれば、上手く口説いて遊ぼうと企む医師も。

外科系の医師はノリが良く浮気性の人も多いので、「浮気してるでしょ」とうるさく言わない女性を選ぶ傾向が。外科系の医師と付き合いたい時は、ある程度の浮気は大目に見る覚悟が必要です。

小児科

小児科医は子ども相手の仕事なので温厚で優しいタイプといえるでしょう。人当たりが良く、患者さん以外のスタッフにも優しいので人気があります。
小さな子供相手に診療するため、普段の赤ちゃん言葉がデートの時に出てしまう人もいます。

子供が好きなので学生時代から交際を続けてきた恋人と研修医時代に結婚して、家庭を築く医師がほとんどです。
結婚が早いのも小児科医に見られる特徴です。

麻酔科

麻酔医は変わり者でミステリアスな一面を持ち合わせていますが、恋愛においては包容力があり安心できる存在といえるでしょう。
落ち着いた性格の持ち主で、手術中に患者さんの状態や手術の進行状況の全体を見回します。

麻酔科という職業柄、物事を冷静に判断する能力に長けているので、仕事上の相談をすれば的確なアドバイスがもらえます。
つかみどころのない性格なので、時々相手の考えが読めず悩むことがありますが、付き合うと心地の良さが分かります。

【目指すは医者の奥様?!】医者との正しい付き合い方

【恋愛中】医者の求める理想の彼女像

医者は忙しいので自分のことで精一杯で、恋人の事を考える暇がないと言って良いでしょう。
女性のなかにはかまってちゃんタイプや「仕事と恋人のどっちが大切」と比べたがる人がいますが、自分勝手な女性は恋愛対象に見ることができません。

自分の時間を有意義に過ごすことができる自立した女性や、相手の仕事内容を理解しサポートできる女性は恋人候補に選ばれやすいでしょう。

忙しいので連絡頻度や会う頻度に拘らない

週末に恋人に会ってデートをするのが一般的ですが、医師と恋愛関係になった場合は、こだわりを捨てることが重要です。
冒頭でお伝えした「医師の日常生活」でも分かるように、とても忙しい毎日で休みがほとんどないこともあります。

休みの日は日頃の疲れから、デートをする気分になれなかったり、仕事後に会う約束をしても患者さんの急変で、病院に戻らなければならず、久しぶりのデートがドタキャンになることだってあるのです。

他のカップルと比べてデートの回数が少ない、LINEを送っても直ぐに返事が来ないと細かいことで不満を言えば「重たい女」と思われ別れに繋がります。
このような時も素直に受け止め「行ってらっしゃい」といえると素敵ですね。

医師と交際する時は、相手を尊重して小さいなことで不平不満を言わないことが長続きする秘訣です。

女性の多い職場でも疑いの気持ちを持たない


医者と看護師の恋愛は良くある話ですし、医者はモテるので身近にいる看護師の存在が気になるのは仕方のないことです。
しかし、他の女性のことで焼きもちを焼くと、会った時に言葉や態度に表われてしまい、相手に不快感を与えることになりかねません。

男性は束縛されると逃げたくなる生き物と理解して、ある程度自由にさせることも必要です。
浮気が良いこととは言いませんが、医者であることや女性が多い職場ということを理解して大らかな心で付き合うと良いでしょう。

常に癒しの存在でいることを心がける

医者はハードな仕事なうえ、病院内の人間関係や医師同士の上下関係にストレスを抱えています。
恋人に会った時は楽しく穏やかな時間を過ごしたいと考えているので、会えない不満を爆発させたり、愚痴をこぼすのはマイナスです。

デートの時間が取れず申し訳ないと思っているので気持ちを察して、相手を許し責めない女性でいることを心がけましょう。
久しぶりに会って話したいことがたくさんあっても、聞き役に徹しながら相手の話を聞いた方が居心地が良いと思われ好感度がアップします。

疲れている様子ならそっとしてあげたり、さりげなくコーヒーを入れてあげる心遣いがあると気が利く女性と想われ好印象です。
何を望んでいるのか相手の心を読み取り要望に応えられると、結婚を意識する可能性が出てきます。

【結婚後】医者の奥様の現実とは?

医者を旦那さんに持つ奥様はセレブなイメージですが、理想と現実に違いがあるようです。
一般的なサラリーマンと比べると医者の給料は高額ですが、拘束時間や仕事内容を考えると給料に見合わないと不満を抱く奥様も存在します。

また、夫は忙しいので家事や育児全般は全て妻の役目で、相手を頼ることができません。人付き合いにも気を遣う必要があるので、精神的に疲れると言う人も。

人には聞けない医者のお金事情

医療は日進月歩なので、常に新しい知識や技術を身につける必要が出てきます。
勉強するための専門書の購入、学会やセミナーへの出席など出費がかさむものです。

学会は国内に限らず、海外で開催されるものもあるので交通費や宿泊費だけで多額の出費になります。その他、休日は付き合いでゴルフに行ったり、高級レストランで食事をするというように交際費も必要になってきます。

働いている病院が大学病院か国立病院、一般病院かでも給与は異なり、更に勤務する診療科によっても給与は違ってくるのです。
国立病院は大学病院よりやや低めのお給料なので、どの病院に勤務するかで給与の差が出てきます。

また、開業医はお金持ちのイメージですが、何科を専門に診療するかによって経営状態に違いがあるのも事実です。
例えば小児科は少子化傾向で子供の受診数が少ないうえ、小さい子供相手に手がかかるので看護師を余分に必要とします。そのため内科と比較すると人件費がかかり、経営に影響することも考えられます。

医者の妻としての人付き合い

お医者さんの奥様は一見すると優雅な暮らしぶりを想像しますが、出身大学によって人間関係にも影響を及ぼす場合があるのです。
また、系列の病院や学会など人間関係が広いので、人付き合いに苦労します。

医学部は一流と言われる有名な大学から、地方の無名大学までピンキリですが、出身大学によって差があるといわれています。
更に何を専門に診療しているかでも違い、奥様会があれば付き合いのため参加して、自分の夫が一流大学の出身でない時は、肩身の狭い思いをしてしまいます。

開業医となれば近所づきあいや親戚づきあいなど気を配る場所がたくさんあるので、精神的にタフでないとやっていけません。

子育て

世間では「育児は夫婦平等」と言われていますが、医者の奥様には夫婦平等の育児は存在しません。
医者である夫は朝から晩まで病院で仕事でなので、子供にかまっている時間はないのです。

酷い時は早朝に出勤して、帰宅も夕飯後になり子供と顔を合わせる時間がない医者や、休日も付き合いのゴルフや学会の出席、出張などで家族サービスができないこともあり得ます。

こういった状況でも文句を言わず子供と楽しく生活し、子育てを立派にやり遂げながら医学部に進学できるように教育するのも妻の役目です。

子育ては妻の役割となり学校行事や塾などの管理は、全て自分が行うという覚悟が必要なので、相手に依存するタイプではやっていくのは難しいでしょう。

 

お医者様から長く愛される彼女になろう

医者というブランド名に憧れを抱く女性もいますが、現実は甘くないといえます。しかし、コツを理解することで近づくことができるので諦めずに頑張りましょう。

人命を救う医者は、ハードなスケジュールをこなしながら生活しているので、医師という職業を理解しサポートできる女性でないと結婚まで至りません。
自立心がない、相手に頼ってばかりだと恋人候補から除外されてしまうので、医者と付き合いたい時は、自分磨きから始めると良いですね。

結婚しても家事・育児を全て自分が責任をもって行う強い意志の女性なら医師との奥様としてやっていけるでしょう。医師に選ばれるためには、自立心のある相手の支えになれるような女性を目指すと良いですね。
また、診療科によっても医師の性格が異なるので、自分に合った医師を選ぶようにしましょう。

スポンサー