「恥ずかしくて彼には言えない」彼女が密かに願う彼氏にされたいこと10選

スポンサー

恋人がいる人なら誰しも、彼氏にされたいことは少なからずありますよね。「あんなことされたい」とか「あんなことしてほしい」と思うことはありませんか?毎日のようにしてほしいことだってあると思います。
しかし、勇気がなくて言い出せないことや、付き合ったばかりで言いづらいこともありますよね。

そこで今回は、彼氏に対して本音が言いづらくなっていたり、甘えるのが苦手な人向けに彼氏との関係を長続きさせられるコツをご紹介します。

恥ずかしくて素直に言えない…彼氏にされたいことって?

彼氏と付き合っていて、してほしいことがあるのになかなか言い出せない!そんなことはありませんか?本当はしてほしいのに勇気がなくて言えないことも多いですよね。

ここでは彼女が彼氏にされたい10個のことについてご紹介していきます。みなさんも「こんなことされたい!」と思いながら一緒に見てくださいね♪

彼女が彼氏にされたい10個のこと

1、言ってもらいたい言葉編

①「好き」「愛してる」

これは愛情を表現する上で最もストレートに表現できるフレーズと言えます。「好き」や「愛してる」と言われると女性なら誰しもが嬉しいですよね。この言葉を言われて嬉しくない人はいません。

女性は「好き」や「愛してる」という言葉を言われないと不安になってきます。私のこと好きじゃないのかな?遊びなのかな?と思ってしまいがちです。

しかし、ストレートに愛情を表現されることによって、より彼氏のことを好きになり尽くしたいと思うようになるもの。

でも、男性は「付き合ってるのだから好きに決まっている」とか「好きじゃなかったら付き合ってない」と思いがちです。そのため、日頃から「好き」や「愛してる」となかなか言わない男性も多くいるのが事実です。

確かに付き合ってるのだから好きなのは大前提なのですが、わかっていても女性は「好き」や「愛してる」と口に出してほしい生き物なのです。「好き」や「愛してる」という言葉があるのとないのでは大きく変わってきます。

また、「好き」や「愛してる」と言われるのもどのタイミングでも良いという訳ではありません。人がいる前でも「好き」とか「愛してる」と言われるとさらに嬉しいですよね♪

②「ありがとう」

ありがとうは彼氏彼女の関係でなくても日頃から良く使う言葉だと思います。でもしっかりと「ありがとう」が言える人は、意外と少ないものです。

付き合っていく中でやってもらって当たり前と思ってしまう男性も多くいます。そのため、「ありがとう」の言葉が減っていくなんてことだってあります。

「ありがとう」は感謝の気持ちを伝えるのにとても大切な言葉です。こんなことくらいなら「ありがとう」を言わなくてもいいという考えは辞めましょう。小さな、些細なことを大切にできる彼氏だと彼女も安心することができますよね。

恥ずかしいからとか面倒くさいからと言って、「ありがとう」の言葉を言わないと関係悪化を招くこともあります。二人の関係を長く続けるためにも「ありがとう」の言葉は欠かすことができないものとなっています。

日頃から意識して「ありがとう」という言葉を言えるように心がけてみてください。とてもシンプルな言葉ですが、存在はとても大きな言葉です。

③「ごめんね」

付き合っていく中で、一度はケンカもすることがあると思います。どちらが原因であれ、男性にも「ごめんね」という言葉を言ってもらいたいものですよね。

ケンカの発端はさまざまなものがあります。二人の思い違いや、生理時のイライラが原因になることだってあります。

女性は男性と違い、生理もありホルモンの関係でイライラすることもあります。そういったことも理解してくれる男性だと女性も落ち着くことができますよね。

男性はプライドが高い人も多く、自分から「ごめんね」を言ってくれない人も多いです。そんな男性から「ごめんね」をってもらえるとケンカをした後も良好な関係を築くことができるでしょう。

④「かわいい」「キレイ」

女の子なら誰しも言われて嬉しいのが、かわいいやキレイといった言葉です。女の子は普段から見た目には気を付けています。大好きな彼に少しでも可愛い自分を見せようと、メイクはもちろん流行の服のチェックやリサーチも欠かしませんよね。

時間をかけて可愛く、キレイにしているからこそ、彼氏が気がついて「かわいい」とか「きれい」と言われた時はとても嬉しいもの。その言葉のために頑張っていると言っても過言ではありません。

⑤「一緒にいると落ち着く」

「一緒にいて落ち着く」と言われるということは、それだけ相手のことを信頼しているということです。女性にとってはとても嬉しい言葉の1つです。この言葉を言われるということは、それだけ彼氏とのフィーリングもあうということになります。

この言葉には、共通点が多いとか価値観が似ていることも多いため一緒にいると落ち着くという解釈になるのです。

共通点が多いと、デートのときにもお店選びやどこで遊ぶかなども選びやすくなります。無理して、相手に合わせることがなくなるので一緒にいると落ち着くことができるのです。

2、してほしい行動編

①ハグ

女性はハグされると、嬉しく感じたり、落ち着きを感じることができます。ハグはとっても大切な愛情表現の1つですよね。

言葉では「好き」や「愛してる」が愛情表現ですが行動ではハグが愛情表現の1つといえます。女性からハグするのもお互いの仲を深めるのに有効的ですよ♡恥ずかしく勇気がいることかもしれませんが、ぜひチャレンジしてみてください。

寂しい時や不安を感じているとき以外には、嬉しい時や喜びを表すためにハグをするときもあります。ぜひ、有効的にハグを取り入れて、お互いの仲をさらに深めましょう。

②頭ポンポンor優しく撫でる

彼氏が彼女の頭をポンポンしたり、優しく撫でる行為にはどういった意味があるのでしょうか?

これには彼氏が彼女の味方であるということを伝えるためにしているという心理があります。また、スキンシップとして頭をポンポンしたり、優しく撫でているときもあります。

女性からしたら、頭をポンポンされたり、優しく撫でられると嬉しく感じますよね。彼氏から大事にされていると感じることができます。

頭をポンポンされたり、優しく撫でられると安心感も得ることができ、心も落ち着きます。撫でられていると安心しきって眠たくなることも。それくらい頭を撫でることは安心を与えることができる愛情表現の1つです。

③「オレの彼女」と友人に紹介してほしい

彼氏の友達に紹介されるということはそれだけ、仲も深まり本気で付き合っているということになります。

仲が深くないのに、俺の彼女なんだと友達に紹介することはありません。「俺の彼女だ」と、彼氏の友達に紹介してもらえるように「自分磨き」をしっかりしましょう。

彼氏の友達に紹介してもらえるということはよほどの信頼がないと無理なことです。焦る必要はありませんが、紹介してもらえるように努力は欠かせません。

自慢したくなるような「彼女」を目指して日々、努力しましょう。例えば、毎日笑顔を絶やさない、ネイルケアをしっかりとする、普段から服装に気を付けるとかです。

もしかしたら、彼氏と街を歩いているときにばったりと彼氏の友達と会うこともあるかもしれません。そんなときに服はダサい、髪はボサボサ、メイクも崩れている。こんな状態だと良い印象も抱かれないし、彼氏だって自分の彼女だと友達に紹介するのも気まずくなります。

普段から、いつ彼氏の友達に紹介されてもいいように自分磨きと準備を行いましょう。日頃から気を付けることで自分の意識を高めることもでき、より美しい女性になることができます。

④嬉しいサプライズ

誕生日や記念日を祝うのは当然のことです。しかし、何の日でもない時にサプライズされると女性はとても喜びます。女性にとってサプライズは最高のパフォーマンスです。サプライズが嫌いな女性はあまりいませんよね。

何の日でもないときに急にサプライズでプレゼントを渡されると、気持ちも高まりさらに彼氏への愛も深まります。

それが周りから見られている場でサプライズされるとさらに嬉しいですよね。恥ずかしい場合には、彼女と二人きりのときにサプライズするのももちろんいいです。

また、サプライズをするときには「いつもありがとう」や「いつもかわいいね」など言葉を一言添えるとより効果的です。彼氏からの急なプレゼントは彼女への愛の深さの表現でもあるので、彼氏からのサプライズには必ず答えてあげましょう。

⑤特別扱いしてほしい

付き合っていたら、彼女は彼氏に特別扱いしてほしいと思うものです。

彼氏が他の女の子と話しているだけでも、嫉妬してしまう彼女もいるほどです。付き合っているという関係は「特別な関係」です。そのため、特別扱いしてほしいと思う彼女は大勢いいます。

言葉だけではなく、行動でも特別扱いしているという事を示して欲しいと思っている女性もいます。例えば、飲み会の帰りの迎えに来てくれるとか、少し無理なお願いでも聞いてくれたらとってもうれしいもの。

女性は特別扱いされていると感じると、さらに彼氏のことが好きになります。ずっとこの人に付いて行きたいとも感じます。付き合う上で、特別扱いがあるのとないのでは、二人の仲も大きく変わってきますよ。

スポンサー

「最近彼が愛情表現してくれない…」その原因って?

馴れ合いになっていて、いまさら恥ずかしい

愛情表現してくれない主な原因として、長く付き合いがあっていまさら恥ずかしいと感じていることが挙げられます。今さら、愛情表現をするのは恥ずかしい…と思っている彼氏もいるでしょう。

愛情表現したいけどタイミングがわからないという鈍感な彼氏もいるかもしれません。また、いちいち愛情表現しなくたって、わかっているだろうと思っている彼氏も。

男性は女性よりも感情表現においては不器用です。女性が求めていてもなかなか気づかなかったり、恥ずかしさから愛情表現のタイミングを逃してしましがちです。そのため、女性をがっかりさせてしまうこともあります。

どうしても、彼氏に愛情表現をしてほしいと思ったら、自分から愛情表現してもらえるような雰囲気づくりやきっかけを作ってあげることをしてみることも大切です。

他のことに気持ちがいっている

あまり考えたくはないですが、彼女に対する気持ちが弱まっていることも…。他には、趣味や仕事に忙しいとか、もう愛情表現しなくても十分、仲が深まってると思っているかもしれません。

彼氏が最近、あまり愛情表現をしてくれないと感じることも長く付き合っていればあるでしょう。

しかし、必ずしも彼女に対する気持ちが弱まっているということではありません。趣味や仕事に気持ちが強く向いているだけかもしれません。

そのため、彼氏からの愛情表現が少ないからといってそこまで深く考えなすぎないことも大切。よほどひどい場合には一度、二人の時間を作って、ゆっくり話し合ってみるのも良いでしょう。

余裕がない

もしかしたら、自分自身に余裕がないのかもしれません。仕事や人間関係など、理由はさまざまですがそんなときは彼女さんが彼氏を支えてあげましょう。 

自分自身に余裕がなくなると誰しも周りのことが見えなくなるものです。あまりにも愛情表現がなく、耐えられない場合にはしばらく距離を置くのも考えてみるといいでしょう。

仕事で疲れている場合は、そっとしておいてあげるのも良いかもしれません。その間に普段できないことをしてみるのもお互いの気分転換に繋がります。女性だと自分磨きや友達と思いっきり遊んでストレス発散がおすすめ。

いずれにしても、もともとあった愛情表現が少なくなるのは女性にとっては悲しく、寂しいものです。愛情表現の減少が仲を悪くするきっかけになることだってあります。

今後も彼氏と関係を続けたいと願うのならば、しばらく距離を置くのも一つの手段でしょう。

自分の気持ちを率直にぶつけてみて

愛情表現をしてほしいと感じるなら、まずは自分から彼氏に愛情表現をしてみましょう。もしかすると彼氏も彼女と同じ気持ちでいるかもしれません。

お互いが同時に、同じ気持ちを抱いてひたすら待っているだけでは何も始まりません。まずは自分から積極的に勇気を出して、行動に移してみましょう。自分から積極的に愛情表現することによって、彼氏からも愛情表現をしてくれるようになるかもしれません。

そうすると、お互いの気持ちも再確認することができ、よりよい関係を長く続けることができるようになりますよ。

彼への愛を言葉で伝える

言葉は愛情表現をするうえで、大切な表現方法です。「恥ずかしくてなかなか言い出すことができない!」そんな人も多いでしょう。また少数ではありますが、ストレートに「好き」とか「愛してる」と言う人もいます。しかし、実際は恥ずかしいという人がほとんど。好きだと言おうと思っている間にデートが終わっちゃうなんてこともあるかもしれません。

言葉で伝えるというのは恥ずかしいし、勇気が要ります。しかし、効果は抜群です。そのまま相手に好きだという気持ちを伝えることができるのですから。

どうしても伝えるのが難しいという場合には、手紙を渡して読むのもいいかもしれません。あくまで手紙はきっかけに利用してみてくださいね。

彼にしてほしいことを素直に伝える

良い関係を長く続けるためには、思ったことを素直に相手に伝えるということです。伝えずにずっと溜め込んでいるといつか爆発します。爆発した結果ケンカになることも。彼氏に対して思っていることがあるのであれば、素直に伝えましょう。

男性は女性が思っているよりも鈍感です。実は彼女の気持ちに気づいてないということもあります。彼氏に気持ちを直接伝えるのは女性だって恥ずかしいものです。しかしその姿も彼氏にとっては愛おしくうつりるので勇気を出して伝えてみましょう。

彼の想いを感じたら素直に喜ぶ

普段はあまり愛情表現をしてくれない彼氏が、自分に対して愛情表現をしてくれていると感じたら、素直に喜びましょう。少しオーバーかな?というくらい大げさに喜びを表現してください。

そうすることで彼氏は、「愛情表現をするとこんなに彼女が喜んでくれるんだ!」「笑顔になってくれるんだ!」と気づくきっかけにもなります。一度、そういったきっかけができたら今後も続けて愛情表現をしてくれるようになるはずですよ♪

彼の想いにも目を向けてみて♡

今回は彼氏に対して、本音が言いづらくなっていたり、甘えるのが苦手な人向けに彼氏との関係を長続きさせられるコツをご紹介しました。あなたが愛情表現をしてほしいと思ってるように、彼氏も同じような思いを抱いているかもしれません。

お互いが思ってるだけでは前には進みません。勇気がいることですが、どちらかが行動に移すしかありません。彼氏のことを大切に、関係を長く続けたいと願うのであれば思いっ切って自分からも行動してみてください。きっかけをつくるようにすることでかれよりよい関係になれるはずです♪

スポンサー