【遠距離恋愛中の倦怠期】タイミングは?乗り越え方も徹底解説!

スポンサー

遠距離恋愛中でも、実は多い「倦怠期」という悩み。「以前に比べて彼にときめかなくなった」「なんとなく彼の連絡が減った気がする」など、当てはまることがあれば、それは倦怠期かもしれません。
倦怠期になってしまったら、この先どうやって乗り越えればいいのか…そんな疑問にお答えします。
倦怠期を乗り越えて、強い絆で結ばれたカップルを目指しましょう!

遠距離でも倦怠期に注意!

馴れ合いの関係やマンネリから起こりがちな倦怠期。近くにいる存在だからこそ起こりやすい悩みのような気がしてしまいますが、実は遠距離恋愛でも倦怠期に陥ってしまうカップルが存在しています。

遠距離恋愛は離れているので、普通のカップルよりは会う頻度が少ないですが、連絡を取り合う頻度が高いため、相手のことを知り過ぎてしまい新鮮な気持ちが薄れてしまう場合もあります。
「昔よりときめきを感じない」「デートがいまいち盛り上がらない」などのような傾向があれば倦怠期の可能性が高いので要注意!

また、倦怠期がきっかけで恋愛に対して、新鮮さや刺激やが欲しくなり、身近にいる異性に気持ちが移ってしまうという最悪なパターンも…。倦怠期に負けないように、しっかりと対策して行きましょう!

具体的に倦怠期は“いつ”訪れる?

予定が合わず長く会えないとき

長く会えないと、どんなに電話やメールでコミュニケーションを取っていても、ふとした瞬間に寂しくなってしまうもの。寂しさが募り、このままの付き合い方でいいのか、この先の2人の関係に不安を抱いてしまうことも。また喧嘩をしてしまったときに、直接会って解決できないのでわだかまりが残ってしまう場合もあります。大きな歪みができてしまい、そのまま倦怠期になってしまうこともあるでしょう。
長く会えないときほど、お互いを思いやる気持ちが大切になります。

忙しくなかなか連絡が取れないとき

お互い忙しくなってしまうと、連絡がいつもより少なくなってしまう時もあるでしょう。
片方が一方的に連絡をしていて、返事が返ってこないことが続くと、相手は自分に興味を持ってくれていないと感じ、次第に冷めてしまう場合もあります。
遠距離では、どんなに忙しくてもお互いの繋がりが大切なのです。

お互いの私生活が充実しているとき

私生活が充実することは、素晴らしいことですが、私生活のイベントが立て続きになってしまうと、お互いのことがおざなりになってしまう傾向にあります。
忙しさから、連絡の頻度も減ってしまい、すれ違いを繰り返し、そのまま倦怠期に入ってしまうことも。
彼からの連絡よりも、自分自身の時間を優先したくなったときは要注意です!

環境の変化があったとき

学校を卒業して働き始めたり、転職をして引っ越したり、人生で大きな転機があるときは恋愛に対しても客観的に考え直しやすい時期です。
また、新しい夢や目標ができたときにも、彼との関係を負担に感じてしまう場合があるでしょう。
新しい環境になったときに「恋愛はこのままで良いのか」悩みを抱くようになると、連絡も億劫になり、倦怠期に陥ってしまうパターンも。
そんなときは、今後について彼とじっくり話し合うことが大切です。

倦怠期が訪れる具体的な時期は?

通常のカップルが倦怠期に入りやすい時期は、2、3ヶ月程度経過した頃と言われ、遠距離恋愛は会える回数が少ないので、少し遅い3ヶ月〜半年と言われています。
会う頻度や1回1回のデートの満足度などによって異なりますが、お互いの存在が「当たり前」になり、新鮮味がなくなったときが倦怠期を招きやすいタイミングと言えるでしょう。

スポンサー

倦怠期を乗り越えることができたカップルの特徴は?

しっかりとした信頼関係が築けている

相手を信頼していなければ、何をするにも不安を感じ、少し連絡が来なくなっただけでも「浮気をしているのではないか」「他に好きな人ができたのではないか」など相手を疑うようになってしまいます。
近距離恋愛だと、すぐ会いに行ってモヤモヤを解消できますが、遠距離恋愛はそうはいかないもの。不安を抱きながらの恋愛は心も体も疲弊してしまいます。
安定した遠距離恋愛を続けるうえで、最も大切なことは「信頼関係」と言えるでしょう。

本音で話し合っている

遠距離恋愛は会える回数が限られているので、会えるときにはつい相手に良い顔をしてしまいがち。しかし、いつも相手に好かれようと、繕ってばかりいると知らず知らずのうちに不平不満が溜まってしまい疲れてしまう場合も。
寂しいときは「寂しい」嫌なことは「嫌」、真剣な今後の話など、お互い本音で話し合う機会を持ち、ありのままの素直な気持ちを伝え合いましょう。
良いことも悪いことも話し合うことによって、より2人の関係が深まり、心の距離が縮まります。

お互いの自由を尊重している

遠距離恋愛は、普通のカップルと比べて会えない時間が長いので自然とお互いの自由な時間が多くなります。
恋愛に夢中なときは相手の自由な時間まで、自分に使ってほしかったり、「いつ」「どこで」「だれといるのか」…など必要以上に気になってしまうもの。ですが、実は長く遠距離恋愛を続けるうえで、過度な固執はお互いの負担になってしまうので、要注意!
倦怠期を乗り越えたカップルは、お互いの自由な時間を尊重し合い、自分だけの時間も大切にしています。
そうすることによってニ人で一緒にいる時間をより大切に感じることができるのです。

連絡に関するルール決めをしていない

遠距離恋愛を始めた直後は、寂しくて「一日◯回は電話やメールをする」など決まりごとを作りがち。最初は良くても、時が経つと忙しくてルールを守れなかったり、約束事を面倒に感じてしまったりと、何かとお互いの負担になってしまう可能性があります。
ルールを決めるのではなく、お互いが思いやりを持ち自発的に連絡をしたくなる気持ちが何よりも大切です。

諦めないで!倦怠期の乗り越え方のポイント

連絡は取りすぎない

遠距離恋愛で寂しいからといって、連絡を過度に取りすぎてしまうとお互いを知りすぎてしまい早めに飽きてしまったり、途中から連絡を返すのが面倒に感じてしまったりと早めに倦怠期に招いてしまう可能性があります。
連絡をしたくなっても、じっと堪え適度な頻度で連絡した方が、一回一回のやり取りを大切にできお互い常に新鮮な気持ちを保つことができます。
また、連絡を控えることにより2人の会いたい気持ちが高まりより愛を深め合うことができるでしょう。

ときには積極的に行動!

遠距離恋愛は会いに行くだけでも交通費がかかったり、何かと出費が付き物。いつも彼が会いにきてくれたり、彼が行動してくれることを待ってばかりいませんか?片方だけが負担を抱えていくと、本当に愛されているのか不安になったり、恋愛自体が重荷になってしまうもの。お互いが平等な立場でいられることが理想的です。
倦怠期を阻止するには、彼頼りではなく自分から進んで会いに行く行動力も大切です!彼の家の家事を手伝ったり、手料理を作ってあげたり、普段離れていてなかなかできないことも積極的にしてあげましょう!
彼もあなたの愛情を行動で感じることができ、よりよい関係を築くことができます。

たまには特別なデートを♪

遠距離恋愛だと頻繁に会えないので久しぶりのデートは期待がより膨らみますよね♪ただ実際デートの当日になり、夢見ていたデートよりも楽しくなければテンションが下がり、「何でこの人と付き合っているのだろう」と感じることもあるでしょう。そして、次に会うときも楽しめるか不安になり、徐々に倦怠期に突入してしまう場合もあります。
そんな時は、いつもと違ったお店や旅行に行くなどテンションが上がる特別なデートをすることによりマンネリがちだった2人も新鮮な気持ちを取り戻すことができます。
さらに、特別なデートの時はいつもと違ったメイクをしてみたり、少しだけおしゃれに気合を入れると気持ちも高まり、デートがより盛り上がるでしょう。

プレゼントを贈る

遠距離恋愛だとお互いの誕生日当日に仕事が入っていて会いに行くことが難しいこともあるでしょう。
会えないのは辛いですが、サプライズで自宅にプレゼントが届いたら離れていても相手の愛を確認することができます。
そして、相手に次会える事がより楽しみになったり、プレゼントを見て愛しく感じたり、二人の仲を深めることができるでしょう。
または長く会えない時に、相手が好きそうなものを何気ない日に送るという行為も、「何でもない日でも相手は自分のことを考えてくれている」と認識することができ、離れていても愛情を感じることができます。

彼以外のことを考える

倦怠期で思い詰めるほど悩んでしまったら、一度彼のことを考えるのを辞めてみましょう!
自分から連絡するのも、今は一旦お休みして自分自身と向き合う時間を作りましょう。彼以外に集中できる趣味や遊び、新しい目標を見つけ没頭してみると、自然と気持ちが楽になって行きます。
少しだけ新しい世界が見えたら、遠距離恋愛の悩みもちっぽけに感じるかもしれません。
また、自分から連絡する機会を減らすと、心配になり向こうからの連絡が増える可能性もあります。
自分自身と向き合うことにより、また新鮮な気持ちで彼と向き合うことができるようになり、倦怠期を脱出する良いキッカケになるでしょう。

それでも倦怠期を乗り越えられなかったら…

“倦怠期=愛が冷めた”ではない!

倦怠期だからと言って、お互いの愛が冷めたわけではありません。ただ少し二人でいることに慣れ、お互いの存在が当たり前になってしまっただけ。付き合いはじめたばかりのトキメキや新鮮な気持ちは楽しく心に残るものですが、それは二人の長い付き合いの通過点にしかすぎません。
二人で長い期間共に歩んだ証として倦怠期が訪れ、それを乗り超えられた二人は深い絆に結ばれたカップルになれるはずです。

本当に彼のことを愛していますか?

倦怠期は自分を見つめ直すチャンスです。今一度、彼のどんなところが好きで、自分は彼とどんな未来を歩みたいのかじっくり考えてみましょう。5年後、10年後の彼との未来を想像できますか?もし、この先の未来が不安しかないのであれば、見切りを付けやすいのも倦怠期の特徴です。
この人とずっと一緒にいたいと思えるならば、倦怠期も、きっと乗り越えられるはずです。

倦怠期はお互いの関係を見つめ直すタイミング

倦怠期は、これまで二人が共に歩み、長く一緒にいた証拠とも言えます。
これを機に、一度二人でじっくり今後について話し合ってみたり、特別な旅行を計画してみてはいかがでしょうか。
お互いの大切さや関係を見直せる重要なタイミングとなります。
倦怠期を乗り越え、強い絆で愛し続けることができるカップルを目指しましょう!

スポンサー